直線上に配置

 国際エイズ会議 (メキシコ) 報告会

〜女性運動にとってのHIV/AIDSのお知らせ〜 

日時 10月11日(土) 午前11時30分から13時10分ころまで、

  場所 文京区民センター 3C会議室にて

    http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm

文京シビックホール近くの、春日交差点に面しています

  参加費 無料

  主催 すぺーすアライズ

  問い合わせ先 すぺーすアライズ allies@crux.ocn.ne.jp

 

2008年8月3日メキシコシティで83日から8日まで開催されました。

国際エイズ会議は1年おきに開催され、今回で17回目になります。

今回のメキシコでのエイズ会議には、世界中から約25000人が参加しました。

 

前回トロント大会では最新技術のセッションが多く、MSM、薬物使用者、先住民、移民関係など開催地カナダに関係が強い話題が多かったのですが、今回メキシコ会議は人権をかなり重視した会議内容になっていました。

ミレニアム開発目標の新規ターゲットになった「2010年までにHIV/エイズの治療への普遍的アクセスを実現する」ためには、スティグマやジェンダー不平等を含む人権無視やその結果としての暴力、差別、恣意的な訴追などが効果的な治療と予防の大きな障壁になっていることが確認されました。

サハラ砂漠以南のアフリカでは新規感染者の6割が女性であり、その大半が性感染であることからセクシュアル・リプロダクティブ・ライツ/ヘルスともかかわりが深いテーマです。また、予防や治療の場面でも、男性に比べて、女性は多くの利用のしにくさに直面しています。

     大会の途中には「女たちのデモ」がありました♪

 

〔報告予定〕

Microbicideなど女性主導の予防法

     陽性者の人権としての渡航制限という人権侵害

     感染予防につながらないにもかかわらず、母子垂直感染を含めてHIV感染を犯罪化することの問題

     pMTCT(母子垂直感染予防)の普及の促進

     陽性者女性のリプロダクティブ・ヘルス/ライツ(陽性者女性に対しては強制的な中絶や不妊化手術がなされ、これとは逆に女性本人が希望しても妊娠中絶やこれにまつわるサービスを利用できないということ)

HIVの予防とセクシュアル・リプロダクティブ・ライツ/ヘルスとの密接なかかわり

 ・女性の参加、女性に対する暴力への対策、女性および女性団体へのFunding 必要性

・セックスワーカーをはじめとした周縁化された人たちの人権保障

・グローバル・ファンドでのジェンダー視点

PEPFAR(アメリカ合州国大統領緊急エイズ援助計画)Uへの批判的検討

 

このようなことを現地での写真を見ながら、女性運動の視点から報告します。

また、前回のトロント2006やメキシコ2008と平行して開催されたWGNRR(Women’s Global Network for Reproductive Rights)の最近のアドボカシーの方針も紹介します。

 

なお、会議の全体像はhttp://www.aids2008.org/でご覧になれます。





直線上に配置