space Allies
雲のイラスト
space

 

情報ライブラリ/ブログ「つばさ」より

 

space

 

HOME
アライズ総合法律事務所
すぺーすアライズ
お知らせ/ご案内

ニュースブログ "つばさ"

情報ライブラリ

加盟団体/リンク

English

 

ブログ「つばさ」資料

・人工妊娠中絶

・リプロとヘルス

・性指向・性自認

・女性に対する暴力

・女性運動全般

・社会運動全般+経済

・その他

 

space

●ミソプロストールがWHOの不全流産治療の不可欠な薬品に

2009年05月01日


ミソプロストールがWHO(世界保健機関)の、不全流産と流産の治療のための不可欠な薬品のモデルリストに追加される。

 世界保健機関は、不全流産(流産が生じたが、子宮内に残存物が残っている状態)の治療のために安全性とその効果が証明された不可欠な薬剤のリストにミソプロストールが含まれることになったと発表しました。その判断は有効な証拠を評価した専門委員会によってなされました。その証拠は、不全流産などの流産のためのいくつかのガイドラインと大規模無作為化または比較臨床試験を含みます。

 提案は、以下の証拠と考察に基づきGynuity Health Projectsによって提出されました。

● ミソプロストールは、不全流産の治療の目的のために効果的です。12件以上の無作為化または比較臨床試験は行われ、最新の試験では、ミソプロストールが不全流産などの治療のためにおよそ90-100%の成功率があると示されました。

● ミソプロストールによる緊急救助は、資源が少ない場合にはしばしば利用困難でかなりの罹患率と関係しているかもしれない、外科手術の代替療法を提供します。

● ミソプロストールは安価で、この共通の産科状態を扱う低コストであるが、安全かつ有効な手段を提供します。

● ミソプロストールは安全です。600以上の調査研究が、90,000人以上の女性が関係した産科学と婦人科学でミソプロストールの使用に関して発表されました。

● 不全流産は、多くの発展途上国で、不相応にも妊産婦死亡や疾病にかかわっています。

 WHOウェブサイトで解説されるように、Model Essential Medicine Listは国家や機関の不可欠な薬剤のリストの開発のための指針です。過去30年間、このModel Listは、健康を推進する強力な手段としての不可欠な薬の概念の世界的な需要を導きました。不可欠な薬は、疾病の有病率、有効性と安全性についての証拠、費用対効果に配慮して選ばれます。

 Model Listは、緊急事態での薬選択の根拠をも築きます。従って、このEMLは、急性の緊急状況での援助要請に人道支援機関が対応するよう導きます。緊急事態への準備は、Interagency Emergency Health Kitで概説されるように、薬剤提供についての機関間ガイドラインで合意されているように適切な薬剤を提供するためのガイドラインを通して、薬剤と医療サービス供給へのニーズの標準化を通して促進されます。

 不全流産の治療のための推薦されたミソプロストールの服用は、以下の通りです:

● 600マイクログラム1錠の経口

● 400マイクログラム1錠の舌下

より詳細な情報は、empinfo@who.intまたはpubinfo@gynuity.orgに連絡してください。

 

space

copyright © 2003-2008 アライズ総合法律事務所/すぺーすアライズ. All rights reserved.