space Allies
雲のイラスト
space

 

情報ライブラリ/ブログ「つばさ」より

 

space

 

HOME
アライズ総合法律事務所
すぺーすアライズ
お知らせ/ご案内

ニュースブログ "つばさ"

情報ライブラリ

加盟団体/リンク

English

 

ブログ「つばさ」資料

・人工妊娠中絶

・リプロとヘルス

・性指向・性自認

・女性に対する暴力

・女性運動全般

・社会運動全般+経済

・その他

 

space

●女と財産 連載その3

2008年7月16日

葬儀は「争儀」、相続は「争族」

 さて、人が死ぬとあわただしくなる。

 まず、死亡届をいつまでに出して、次は何をしてと、まるでエスカレーターに乗っているように運ばれてしまうのが葬儀のスケジュールだ。サービスの悪かった役所でさえ、死亡届の受理窓口だけは24時間開いている。ここですでに急ぐスタートラインにつかされる。「さっさとしなさい!」と急かす声が聞こえてくるようだ。死亡届けと一緒に死体火葬許可証申請書を提出することになり、これと引き換えに、火葬許可証をもらうことになる。

 葬儀はスケジュールに追われ、親戚や業者に振り回され、葬儀も「争儀」だ。

厄介な「しきたり」
 もうひとつ、厄介なのが「しきたり」。まさに「祭祀」である。祭祀とは、祖先を祭る方法のことだ。法的には、これを祭祀継承者といい、誰がなるとは法的には決まっていないが、葬儀はゆっくり考えてやる余裕はなく、「後ろ指をさされぬよう」「ほめてもらえるよう」しきたり通りに頑張ってしまうことが多い。つまり、人様の目にかなうように行動してしまうので、ひとりぶんの人生とは矛盾するし、大敵である。

 おまけに、しきたりは長男がリーダーになるよう教えている。親族が全員集まってくるような葬儀では、姉妹兄弟が何人いても、長男が仕切るのが今も立派なこととされている。しきたり通り、次の代を担う人のお披露目でもあるのが、葬儀の実体だ。つまり、男が葬儀も金も仕切る、次の代も男が運転する。女は乗せてはやるが、タダ乗りだとイヤ味を言われるくらいで、末席に座ることになる。だいたい台所で忙しく立ち働くのは女性であって、姉や妹たちは末席に座るのが当然だと思われている。

 ちゃんと祭祀継承者を指名して書き残しておいてくれれば、と思うことも多いのではないだろうか。ちなみに祭祀継承者は長男である必要はなく、複数人でも可能である。

 

 

 

space

copyright © 2003-2008 アライズ総合法律事務所/すぺーすアライズ. All rights reserved.